Salseforce MFA (U2F) のユーザ操作手順

ユーザによるセキュリティキー (U2F) の登録方法およびログイン方法を説明します。

環境情報

端末: Windows 10

ブラウザ: Chrome

​※使用するOSやブラウザによっては説明イメージと異なる場合がございます。

セキュリティキーの登録方法

ユーザによるセキュリティキー (U2F) の登録方法を説明します。

​​システム管理者がユーザに対して MFA (多要素認証) の設定をした場合、ユーザの次回ログイン時にセキュリティキーの登録が求められます。

Salesforce のログインページから「ユーザ名 / パスワード」でログインします。

2021-11-08_14h31_43-min.jpg

Salesforce Authenticator を接続画面下側の「別の検証方法を選択」をクリックします。

2021-11-08_14h40_22-min.jpg

「Universal Second Factor (U2F) キーを使用」をクリックし、「次へ」ボタンをクリックします。

2021-11-08_14h42_15-min.jpg

セキュリティキーを登録ページに遷移します。

2021-11-08_14h46_45-min.jpg

セキュリティキー登録ページ移動後、自動で「セキュリティキーのセットアップ」ポップアップが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

2021-11-08_14h45_25-min.jpg

次に、「セットアップの続行」が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

2021-11-08_14h45_35-min.jpg

USB ポートにセキュリティキーを挿入します。

2021-11-08_14h47_26-min.jpg

セキュリティキーにタッチします。(ボタンや金属部分にタッチします。)

2021-11-08_14h47_34-min.jpg

登録成功画面が表示されると、登録は完了です。
「次へ」ボタンクリックでログインできます。

2021-11-08_14h47_43-min.jpg

​次回ログイン時からは「ユーザ名 / パスワード」のログイン後、セキュリティキーによる認証が求められます。

 

セキュリティキーでのログイン方法

ユーザによるセキュリティキー (U2F) のログイン方法を説明します。

​ユーザがセキュリティキーを登録している必要があります。

​登録方法については「セキュリティキーの登録方法」を参照ください。

Salesforce のログインページから、「ユーザ名 / パスワード」でログインします。

2021-11-08_14h31_43-min.jpg

USB ポートにセキュリティキーを挿入します。

2021-11-08_15h15_30-min.jpg

セキュリティキーにタッチします。(ボタンや金属部分にタッチします。)

2021-11-08_15h15_37-min.jpg

ログイン完了です。

2021-11-08_15h15_52-min.jpg
 

セキュリティキーを紛失または忘れた場合

セキュリティキーを紛失または忘れた場合は、システム管理者に問い合わせ、確認コードを発行してもらうことで、一時的に仮コードによるログインが可能になります。ここではセキュリティキーが使用できない場合の対処と確認コードでのログイン方法について説明します。

ログイン時にセキュリティキーが使用できない場合、「セキュリティキーを紛失した」または「セキュリティキーを忘れた」ことをシステム管理者に報告します。報告後は、システム管理者からの連絡を待ちます。

システム管理者に報告する際は、必ず「紛失」なのか「忘れた」のかを明確に報告してください。

システム管理者から確認コードと使用期限の連絡を受けたら、Salesforce のログインページから、「ユーザ名 / パスワード」でログインします。

2021-11-08_14h31_43-min.jpg

システム管理者から伝えられた確認コードを入力し、「検証」ボタンをクリックします。

​※有効期限が切れた確認コードではログインできません。

2021-11-08_17h27_50-min.jpg

ログイン完了。

​【セキュリティキーを紛失した場合に関して】

​確認コードによるログインは一時的な対処にすぎません。新規にセキュリティキーが配布された場合は速やかに再登録を行ってください。