top of page
Blog article

Blog article

FIDO2セキュリティキーのPINの設定 / 指紋の設定 - Windows編

FIDO2対応のセキュリティキーを購入しても説明書などが付いていないことはよくあります。FIDO2対応のサイトやアプリケーションで使用したいが、どこでPINの設定を行えばよいのか?指紋の設定はどこでするのか?戸惑う人もいるかと思います。本記事ではFIDO2対応のセキュリティキーのPINの設定方法と指紋の設定方法について説明します。


FIDO2対応セキュリティキーの設定には大きく3つのパターンがあります。

(以降、FIDO2対応セキュリティキーをセキュリティキーと省略して呼びます。)


本記事では、WindowsのPC端末を使用したセキュリティキーのセットアップ方法を説明します。


環境情報


PC端末

  • Windows 11 ※説明にはWindows 11を使用しますが、Windows 10でも同様の操作が可能です。

セキュリティキー

  • YubiKey 5 NFC (非生体)

  • YubiKey Bio (生体)

※説明のために上記セキュリティキーを使用しますが、 その他のセキュリティキーでも同様の操作が可能です。



注意事項

  • セットアップ画面での長時間放置

    • セキュリティキーのセットアップ画面を長く放置していると次の操作が失敗する可能性があります。

    • セキュリティキーへの操作を求められている際に、長く放置しているとタイムアウトで失敗になることがあります。

  • PIN変更に関する情報 既に複数のサイトに登録しているセキュリティキーに対してPINの変更を行った場合でも、問題なく利用が可能です。

  • セキュリティキーのリセットについて セキュリティキーは8回連続でPINの入力に失敗した場合は、セキュリティキーのリセットが求められます。セキュリティキーのリセットが実行されると、今までWebサイトやアプリに登録していた認証情報もリセットされます。

  • セキュリティキーが反応しない場合 下記の操作をお試しください。

    • USBハブなどに接続している場合は、PC本体に接続してお試しください。

    • PC本体に接続しても反応がない場合は、別PCでもお試しください。

※上記操作を試しても反応がない場合は、セキュリティキーの購入元にお問い合わせください。弊社にて購入したものに関してはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。


セキュリティキーのセットアップ手順


セキュリティキー購入時は初期化されている状態で、PINや指紋が設定されていません。

まずはPINの設定方法を説明します。

※指紋対応のデバイスも、PINの設定が必要になります。



[ セキュリティキーセットアップ画面へのアクセス方法 ]


まずはUSBポートにお手持ちのセキュリティキーを挿し込みます。


次に、「スタートメニュー右クリック>設定>アカウント>サインインオプション」へアクセスします。

「セキュリティキー」をクリックし、「管理」ボタンをクリックします。


セキュリティキーのタッチが求められるので、セキュリティキーのボタン(金属部分、生体センサー、ライトが点滅している部分など)にタッチします。


セキュリティキーのタッチが成功すると、セキュリティキーのセットアップ画面が表示されます。



[ PINの登録方法 ]


セキュリティキーにPINを登録する方法を説明します。ここでは設定画面が表示されていることを前提に説明を続けます。


セキュリティキーのセットアップ画面を開いていない方は、「セキュリティキーセットアップ画面へのアクセス方法」を参考に設定画面を表示してください。


セキュリティキー暗証番号(PIN)の下側にある「追加」ボタンをクリックします。

※指紋対応のデバイスの場合は「セキュリティキーの指紋」という項目が表示されています。


上段に新規PINを入力し、下段に確認のためのPINを入力します。

入力後に「OK」ボタンをクリックします。

※PINコードについて

 使用可能文字: 半角英数字を含むUnicode文字

 PINの長さ: 4~63まで設定可能

 (仕様はこちら)



PINの登録が完了するとセキュリティキー暗証番号(PIN)項目の下側にあるボタンが「変更」に切り替わります。


PINの設定は以上になります。

その他の設定方法は下記を参照ください。


指紋を登録する場合は続けて「指紋の登録方法」を参照ください。



[ 指紋の登録方法 ]


指紋を登録するには必ずPINを設定しなければなりません。まだ設定が完了していない場合は、「PINの登録方法」を参考にPINを設定してください。


セキュリティキーに指紋を登録する方法を説明します。ここでは設定画面が表示されていることを前提に説明を続けます。


セキュリティキーのセットアップ画面を開いていない方は、「セキュリティキーセットアップ画面へのアクセス方法」を参考に設定画面を表示してください。


セキュリティキーの指紋項目の下側にある「セットアップ」ボタンをクリックします。


本人確認が求められるので、セキュリティキーに設定したPINを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


本人確認が済むと、指紋センサーのタッチが求められるので、画面の指示に従いセキュリティキーの指紋センサーにタッチします。


下記の画面が表示されるので、指紋センターに指を当てて離す動作を繰り返します。


指紋の登録が完了すると、完了画面が表示されるので「完了」ボタンをクリックします。



最初の画面に戻るとセキュリティキーの指紋項目の下側に「別のものを追加」ボタンと「削除」ボタンが追加されています。


指紋の登録は以上になります。

その他の設定は下記を参照ください。


[ 別の指紋を追加する方法 ]


既に指紋を登録しているセキュリティキーに別の指紋を追加する方法を説明します。ここではセキュリティキーのセットアップ画面を表示している前提で説明を行います。


セキュリティキーのセットアップ画面を開いていない方は、「セキュリティキーセットアップ画面へのアクセス方法」を参考に設定画面を表示してください。


セキュリティキーの指紋項目の下側にある「別のものを追加」ボタンをクリックします。


以降は「指紋の登録方法」と同じ手順で指紋の登録が求められます。

別の指紋を追加する方法は以上になります。


補足

  • 別の指紋登録について 各認証デバイスベンダーが提供している指紋設定用のツールなどを利用すると、登録した指紋に名前を付けて管理することが可能なものもあります。



[ 指紋の削除方法 ]


セキュリティキーの指紋を削除する方法を説明します。ここではセキュリティキーのセットアップ画面を表示している前提で説明を行います。


セキュリティキーのセットアップ画面を開いていない方は、「セキュリティキーセットアップ画面へのアクセス方法」を参考に設定画面を表示してください。


注意

  • セキュリティキーの指紋削除について セキュリティキーの指紋項目の下側にある削除機能は、全ての指紋情報を削除するものです。 ※各認証デバイスベンダーが提供している指紋設定用のツールなどを利用すると、登録した指紋情報を個別に削除することが可能なものもあります。


セキュリティキーの指紋項目の下にある「削除」ボタンをクリックします。


本人確認が求められるので、セキュリティキーに設定したPINを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


指紋の削除が完了すると、セキュリティキーの指紋の下側の表示が「セットアップ」ボタンに切り替わります。


指紋の削除は以上になります。



[ PINの変更方法 ]


セキュリティキーのPINを変更する方法を説明します。ここではセキュリティキーのセットアップ画面を表示している前提で説明を行います。


セキュリティキーのセットアップ画面を開いていない方は、「セキュリティキーセットアップ画面へのアクセス方法」を参考に設定画面を表示してください。


セキュリティキー暗証番号 (PIN) の下側にある「変更」ボタンをクリックします。


上段に現在のPINを入力し、中段に新しいPINを入力します。

最後に、下段の確認用のPINを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


PINの変更が完了すると、最初の画面に戻ります。


PINの変更は以上になります。



[ セキュリティキーのリセット方法 ]


セキュリティキーの設定をすべて削除し、出荷時の設定にリセットする方法を説明します。ここではセキュリティキーのセットアップ画面を表示している前提で説明を行います。


セキュリティキーのセットアップ画面を開いていない方は、「セキュリティキーセットアップ画面へのアクセス方法」を参考に設定画面を表示してください。


注意

  • 既に使用しているセキュリティキーのリセットについて 既にWebサイトやアプリケーションに登録済みのセキュリティキーに対してリセットをかけると、認証情報も失われます。リセットしたセキュリティキーを使用する場合はPINや指紋の設定を行い、使用しているサイトへの再登録が必要になります。


セキュリティキーをリセットする項目の下側にある「リセット」ボタンをクリックします。


リセットの確認画面で「続行」ボタンをクリックします。


セキュリティキーの再挿入を求められるので、USBポートから一度セキュリティキーを抜き、再度挿入します。


セキュリティキーに対して10秒以内に2回のタッチを求められるので、セキュリティキーのボタン(金属部分、ライトが点滅している部分など)を2回タッチします。

リセット完了画面が表示されるので、「完了」ボタンをクリックします。


リセット完了後は、今まで設定していたPINや指紋がリセットされた状態になります。


セキュリティキーのリセットは以上になります。

リセットしたセキュリティキーを再度使用する場合は、PINや指紋を登録し、使用しているWebサイトやアプリケーションに認証情報を登録してご利用ください。



[ セキュリティキーの購入 ]


弊社はFIDO2に対応した複数のセキュリティキーを取り扱っております。Amazonからもご購入可能ですので下記よりお買い求めください。



※大量購入などは弊社までお問い合わせください。


Comentarios


bottom of page